FC2ブログ
life a lot!
日々思うこと、などなど載せています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/10/30(火)   CATEGORY: 日々のこと
感情はお知らせ
生きづらさの原因は、自分の無意識の観念にあると言われます。観念って、こうしないといけないとか、これはやっちゃいけないとか、こうあるべきとか、善悪、判断とかのことです。私ってこういう人とか、あの人はああいう人だとかもそうですね。
で、この観念の縛りがきついと、自分の気持ちに制限ができて、自由に物事を感じられなくなり、生きているのが苦しくなってきます。

そもそも、観念自体、全て幻想です。私たち個人が勝手につくったもので、なんの信憑性もありません。観念がいけないわけではないので、自分にとって好ましい観念だったら、生きて行くのも楽しくていいかもしれません。それも幻想には変わりないですし、そうとわかったうえで、どういう観念を自分は採用するかということです。

でも無意識っていうくらいだから、ふだん、自分がどんな観念を持っているかなんて、よくわかりません。自分の意識では全然望んでないのに、どうしていつもこのパターンになっちゃうの?っていうのは身に覚えのある話です。

そこで自分の観念に気づくポイントとして、自分の感情に注目してみます。

普段ふつうに生活していて、ふっと心が動揺したり、いやな気分になることがあったりすると思います。それは何かの話題だったり、誰かの一言だったり、何かの風景だったり、音だったり、物だったり、いろんなシチュエーションがあると思います。そのときがチャンスです。

何かのシチュエーションと、何かしらの感情がわき起こったそのほんのちょっとの隙間に、観念が存在しています。シチュエーション→感情、と直結しているように感じられてしまっているのですが、本来は、シチュエーション→観念→感情、となっているのです。あまりにもはやいスピードで処理されるため気がつけないのです。
たとえば、Aさんがやってきた→嫌い・不快、と自動的に感情がわき起こったように見えますが、その感情が起きるちょっと前に、Aさんに象徴されるなんらかの観念が働いているのです。

心がズキッとうずく、落ち込む、不安になる等は、私たちにとっては居心地のいい感情ではないので、あまり感じないようにしたり拒否してしまいがちです。でもそもそも、この居心地のよくない感情を感じる、ということ自体が、間違った観念がありますよ!という宇宙からのお知らせなのです。

私たちは本当の意味では、パーフェクトでなにも欠けているものはありません。幸せそのものです。だから、本来心が傷ついたり、不安になったりすることなんてありえないんです。じゃあなぜそんな感情がわき起こったのかというと、そのシチュエーションに対する間違った観念がありますよ!ということを、知らせるためなんです。

間違った観念とは、要は制限があるということですね。自由ではないということ。だから苦しくなる。私たちは本来なんでもできる最高に自由な存在なので、変に制限のある観念なんかに縛られると、苦しくてしょうがないんです。だから、意識に訴えるために、普段とは違った異質な感情を沸き起こさせて、おしえているんです。

でも悲しいかな、私たちはこの異質な居心地の悪い感情を、やだなと思って、見ないようにしてしまうのです。それは実はとってももったいない話なんです。もっと自分を自由にできる、本来の力を取り戻させる絶好のチャンスだからです。

『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』で、書かれている“卵”ってこのことですよね。これらの感情たちは、私たちを脅かすものではありません。むしろ味方です。宝のありかを誘導してくれるポチみたいな存在です(ここ掘れワンワン!)。彼らを信頼して、この感情のちょっと前の観念を見つけてみてください。そして自分の持っている観念、私はAさんのような人からは絶対理解されないんだとか、私は絶対無理なんだとか、根拠の無い偏った思いが浮き上がってくると思います。そしたらマネーゲームのプロセス同様、そんなことはない!だって私はこのままでパーフェクトな存在なんだから!という真実を思い出して、自分に向かって言ってみてください。こっちのほうが真実なんですから。観念を文字にしてみると俯瞰して見ることができるので、自分の妙な思い込みが浮き上がってきて笑えますよ。




スポンサーサイト
page top
Copyright © life a lot!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。