FC2ブログ
life a lot!
日々思うこと、などなど載せています。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/09/01(土)   CATEGORY: 日々のこと
“ありのままでいい”ということについて
半年ぶり以上の更新です。久々にこれはブログに載せたい!という気づきがありました。

先日本を読んでいて、ある箇所を読んだときに“ありのままの自分でよい”ということがなぜなのか、突然腑に落ちました。そのことについて、あれこれ綴ってみたいと思います。

地球上の生命体の増え方というのは2種類あって、有性生殖と無性生殖に分けることができるそうです。有性生殖とは卵子と精子の受精によって子孫を増やす方法で、無性生殖とは単体で細胞分裂して増えていく方法です。

無性生殖だとDNAは親とまったく同じです。そして寿命がありません。一つのものが永遠に一つのまま続いていきます。
有性生殖の場合、父親と母親のDNAが混ざり合って、さまざまな状態のものが生まれてきます。ひとつとして同じものはなく、寿命があります(寿命に関しては詳細は省きますが、細胞分裂に限界があるということです)。

人間はこの有性生殖という方法をとりました。それはスピの本でよく言われている、意識(神とか大いなる存在とか)が様々な体験をしたいから人間をつくったという話と一致すると思います。
無性生殖型はどこまでいっても同じものが永遠に続き、有性生殖型は逆に同じものは一つとしてない。だから意識は有性生殖型を採用したのです、いろんな種類の体験ができるように。

ということは、私という個は、この世にひとつしかないその部分の担当者であり、その担当部分の使命により、自分の個が、感じたことや思ったことなどが、すなわち宇宙の体験したかったことであると。

だからありのままでよいというのは、当然なんですね。ワザワザ絶対同じにならないように作ったのだから、個人の思いを大切に自分を生きるのは、本来の宇宙の意なのですね。

同じものを作らないというのが、そもそもの宇宙の意なのだから、私がこう思った、こう感じたことは、宇宙でひとつしかない、ということにおいて、宇宙一貴重なことなのです。私が感じたことや思いに、いい悪いはないのです。私個人が感じた、ということにおいて、すべては宇宙一すばらしいことなのです。
ということは、そもそも私が私である、ということ自体が、宇宙的には大大大祝福に値することなのであります。そしてそれは、すべての人にいえることなのです。

人が本当に、自分の気持ちや思いを話しているとき、表現しているとき、私たちは感動します。なぜ感動するのかというと、宇宙の本来の意に沿っているからなんですね。

だから生きるうえで大事なことは、本当に自分が感じてることや、思っていることなんです。人と比較してどうだとか、常識としてどうだとかではなく。

自分のつきつめた個人の思いが、実は宇宙、ワンネスという全体に繋がっているなんて、ほんっと宇宙はシャレオツなことするな~~と思いました。
スポンサーサイト
page top
Copyright © life a lot!. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。